青口うなぎ うな重
photo by gnavi.co.jp

お家でもちょっと贅沢にうなぎを味わいたい。そんな気分の時におすすめしたいのが川口水産が販売する「青口うなぎ」です。養殖うなぎは皮がブヨブヨして美味しくない。そんな経験ありませんか?青口うなぎは今までの常識を覆す、養殖なのに天然のうなぎのようにパリッとふっくらとっても美味しいんです。今回はそんな奇跡のうなぎ「青口うなぎ」についてご紹介します。

スポンサードリンク

養殖うなぎの最上級格付け 青口うなぎ

日本中の美味しいお取り寄せ商品の中で、特に美味しい商品の頂点を決める「ベストお取り寄せ大賞」。その2015年版の魚介・水産加工品部門で川口水産の養殖うなぎ「青口うなぎ」は堂々銀賞を受賞しました。うなぎと言えば、静岡県や愛知県が有名ですが、そんな有名処をおさえて高知県で育ったうなぎが受賞となりました。

川口水産が育てる養殖うなぎの中でも、全体の1割程度しかない上質なうなぎが「青口うなぎ」と呼ばれており、皮も身もとっても柔らかく、うなぎの旨味が凝縮されています。このうなぎこそ、うなぎ界の王者で最高級格付けのうなぎなのです。

この青口うなぎを食べたお客様の声を少しご紹介しましょう。

  • 思ってた以上に分厚くて美味しい。
  • スーパーの真空うなぎとは比べ物にならに位美味しい。
  • さっぱりとしていて、くどくないのでペロリと食べれました。
  • お店で食べる様な美味しいうなぎでした。
青口うなぎ 蒲焼き
photo by retrip.jp

川口水産のうなぎが美味しいワケ

お取り寄せをすると冷凍されている養殖のうなぎが、なぜこんなにも美味しいのでしょうか。そこにはうなぎを育てる所から、調理に至るまですべてにこだわり抜く職人の技があるのです。

川口水産の本社は和歌山県にあります。しかし、綺麗な水と自然のある土地で天然に近い美味しいうなぎを養殖したいという強い思いがあり、養鰻場は高知県の春野町を選びました。しかも、うなぎのわずかな変化も見逃さないように24時間養鰻場には担当者が監視しているという徹底ぶりです。

もちろん、うなぎの餌もこだわります。天然のうなぎは、脂がのっていてもあっさりとした味。そのため川口水産で育てるうなぎの餌に余分な肥料は加えません。天然うなぎは自然界の厳しい中を生き抜くうえで、餌を食べられない日もあるため、それに近づけるべく、川口水産でもうなぎは週に1度断食の日があるのです。

こうして成長したうなぎは、まず5人の職人が身質、味、ニオイを厳しくチェックします。この5人全員がすべての項目において合格を出さないと蒲焼きとして商品にすることができません。

見事合格して蒲焼きになったうなぎは、しっかりと蒸してからサクッと香ばしく焼き上げ、さらに川口水産が作る秘伝のタレにつけて焼きます。全てにおいて保存料や合成着色料は使用していません。こうして、養殖でも天然物と同じくらい美味しいうなぎの蒲焼きができあがるのです。

スポンサードリンク

販売情報

青口うなぎは希少なうなぎのため、売り切れていることもしばしばありますが、川口水産のHPからお取り寄せすることができるのでご利用ください。
うなぎ蒲焼き専門店 うなぎ屋かわすい うなぎ屋かわすい 楽天市場店

川口水産株式会社
本社所在地:和歌山県有田市宮原町滝川原212
電話番号:0120-59-2580

川口水産では最高級の青口うなぎだけでなく様々なうなぎや商品を扱っているのでこちらもぜひお試し下さい。どの商品もこだわり抜いた美味しい商品ですよ。

川口水産 うなぎ商品
photo by otoriyose.tsuu.info