10月11日「ヒルナンデス!」で、秋の北海道物産展の様子が放送されました。期間限定で、西武池袋本店で行われています。

この物産展は、希少な食材を使ったメニューが各店軒を連ねると人気なんです。

今回、西武池袋店のカリスマバイヤーと北海道物産展を案内してくれるのは、水卜 麻美アナとアンジャッシュ渡部 健さんです。

スポンサードリンク

1000個に数個しかとれない

幻の赤玉ホタテ

日本最北端の町:稚内の駅弁屋さん。

こちらで、希少な赤玉ホタテのお弁当が、物産展だけで特別に食べられます。

赤玉ホタテは、通常のホタテが豊かな環境によりエサを多く食べて育ち、赤くなったものです。

水卜 麻美アナがひとくち食べてみて驚き、「 旨みが中に詰まっている感じ 」とその美味しさを伝えてくれました。

今回の物産展限定弁当は、稚内市 宗谷岬( そうやみさき )で生産されるブランド牛のローストビーフが3枚乗っています。

海の幸に山の幸、両方を味わうことが出来るコスパ最強な一品です。

https://tenjinsite.jp/
photo by tenjinsite.jp

※実物は、サーモンの部分に、赤玉ホタテが盛られています。

稚内駅 立売(たてうり)商会

商品:宗谷黒牛ローストビーフと赤玉帆立(ホタテ)弁当 1890円

希少部位イチボを贅沢に使った

牛肉弁当

イチボとは、牛肉の赤身の中では希少、尚且つ人気の部位。

お尻のよく動く部分の肉なので、脂が少なくて柔らかいのが特徴です。

http://www.tochinavi.net/
photo by www.tochinavi.net

今回、西武池袋本店の特製牛肉弁用は、タレと塩の2種類の味わいが楽しめる一品となっています。

渡部 健さんが、塩味の切り身に“わさび”を乗せて食べていました。

沢山のせた“わさび”の辛さを感じている様子はなく、むしろ牛肉の甘みが勝ってさわやかに溶けていくようです。

お重のステーキは、冷めると どうしても硬くなり、残念な思いをしたことがあるという渡部 健さん。

このイチボは、柔らかさが一段と極められているようです。

やきにくれすとらん沙蘭

商品:士幌黒牛イチボ弁当 2268円

カツオでもサバでもない

スポンサードリンク

今注目の鮭(さけ)節

北海道東部 根室(ねむろ)海峡沿岸の士別町で、名店と呼ばれている「 神内(じんない)商店」。

その名物が『鮭節』です。士別町は、日本有数の鮭の産地。

鮭節には、産卵前の旨みが強い鮭を約50日間いぶして作られています。

職人の手作業によって、いぶし続けられた鮭節は、かつお節と比べて上品な旨みに仕上がるんだそうです。

お店の方によると、鮭節の旨みを余すことなく堪能できるのが“ 鮭節ごはん ”

醤油をサッとかけて頂きます。

http://blog.livedoor.com/
photo by blog.livedoor.com

水卜 麻美アナは、とてもいい笑顔で「甘みが上品なので、ごはんの美味しさが引き立つ」とコメントしていました。

神内商店 鮭節

商品:手火山造り鮭節 華ふぶき 40g/648円 100g/1,512円 200g/2,808円

※鮭節は、お取り寄せ可能な一品となっています。

 

いかがでしたでしょうか。

西武池袋本店の北海道物産展は、残念ながら本日で終了となっています。

これからも全国各所で開かれている北海道物産展に是非足を運んでみて下さい。

北海道物産展の今後の開催予定地