シェアガタ 抹茶テリーヌ
photo by kyoto-sweet.jp

京都と言ったら宇治の抹茶ですよね。宇治の抹茶を使った美味しいスイーツを提供してくれるカフェは多くありますが、今回ご紹介するのは京都の住宅街にある洋菓子店「シェア・ガタ」の「挽きたて抹茶の贅沢テリーヌ」という絶品スイーツです。京都に行ったらカフェよりもシェ・アガタへ行けば間違いなし。なかなか手に入らない人気スイーツの秘密をお教えしましょう。

スポンサードリンク

京都宇治の抹茶スイーツならココ

日本の古き良き文化が多く残る街、京都。そんな京都に今話題の洋菓子店があります。その名も「シェア・ガタ」。京都名物の宇治の抹茶と洋菓子が融合した挽きたて抹茶の贅沢テリーヌが大人気なのです。

メディアでも多く掲載され、現在ホームページからお取り寄せすると3ヶ月から1年待ち。その人気は確かなものです。「和」の街京都なのに洋菓子?!と感じるかもしれませんが、食べれば納得します。

「抹茶テリーヌ」のお味は?

「抹茶テリーヌ」という名前からしても、どんなお菓子なのか想像しにくいですよね。どのような物なのか詳しくご紹介しましょう。

まず見た目は抹茶特有の綺麗なグリーンで、一見カステラのようなスポンジケーキのような長方形の形をしています。材料は抹茶、お砂糖、小麦粉、卵、バター、ホワイトチョコレートのみで作られているとてもシンプルなものです。

一口食べると口の中の熱ですぐに溶けてしまい、まるで生チョコを食べているようです。しかし、抹茶テリーヌは生チョコではなく濃厚なケーキなので、生チョコのように重たくなく、濃厚なのにふわっと軽くてとても食べやすいのです。

ホワイトチョコレートの甘さの中に、宇治抹茶のほろ苦さがなんともマッチしており少し大人の味わい。どちらの味も負けていないのにお互いのいい所を上手に引き出し合っていて絶妙なバランスなのです。

シェ・アガタ 抹茶テリーヌ
photo by takashimaya.co.jp

ここで抹茶テリーヌを食べたお客さんの声をご紹介します。

  • 濃厚で柔らかい抹茶の生チョコを食べているみたい。
  • 万人に好まれる味だと思う。
  • 上品な香りと、しっとりとした重厚な食感がたまらない!
  • 抹茶好きにまたまらない!ぺろりと食べてしまいました。
  • お値段は少し高いが、買う価値アリ!

抹茶テリーヌのこだわり

とてもシンプルな材料で作られている抹茶テリーヌですが、シンプルだからこそこだわって、ひとつひとつ丁寧に作られています。実は抹茶テリーヌにたどり着くまでには構想から約4年もの歳月がかかりました。

現在流通している抹茶は飲みやすいように、苦味や雑味が抑えられたものです。そのためなかなか抹茶とホワイトチョコレート両方の味を主張するのは難しく、どうしても抹茶の味が負けてしまいます。

しかし、シェ・アガタではあえて昔ながらの苦味のある抹茶を使用することで、ホワイトチョコレートの強い味でも負けないくらい抹茶を主張することに成功しました。昔ながらの製法で作った抹茶でしかこの味は出せないのです。

しかし、なんでテリーヌという名前なのでしょうか?
テリーヌとは通常、型に様々な具材を入れて焼いたあとに、冷まして食べる前菜として親しまれているものです。

テリーヌ自体はお菓子とは全くかけ離れているのですが、抹茶テリーヌを作るときの製法や形、舌触り、日持ちするところなどが本家テリーヌに似ているということで「抹茶テリーヌ」と命名されたのです。

スポンサードリンク

抹茶テリーヌを食べるには

現在抹茶テリーヌをホームページからお取り寄せすると3ヶ月から最長1年程度待たないと食べることができません。待ってでも食べる価値がある絶品スイーツなのでぜひお取り寄せ下さい。
シェ・アガタ オンラインショップ

ホームページからはかなり待たないと食べることができませんが、シェ・アガタのお店にいけばすぐに手に入れることも可能ですよ。しかし、本数が限られているので開店直後に買いに行くことをおすすめします。

シェ・アガタ
所在地:京都府宇治市菟道谷下り44-11
定休日:月曜日火曜日 夏季休業有り
営業時間:10:00~19:00

シェ・アガタ 店舗
photo by play-life.jp

ごくまれに、百貨店などで開催されている京都物産展などに出店していることもあるようなので、お近くで京都物産展などが開催されていたらぜひチェックしてみてください。

いかがでしたか?これはまさに新感覚のスイーツでしょう。京都に行かれた際は寺院巡りもいいですが、抹茶テリーヌもぜひご賞味ください。