href="http://amazon.co.jp
photo by amazon.co.jp

古くから親しまれているサイダー。夏になるとサイダーが飲みたくなりますが、全国に点在している地サイダーは、今、とても人気があり、その数なんと650種類だとか。
8月23日放送のマツコの知らない世界では、マツコさんが「くっせー」と絶叫したサイダーやマズいサイダー、もちろん美味しいサイダーも紹介されました。今回は、400種類もの地サイダーを制覇した、清涼飲料水評論家・清水りょうこさん厳選の8種類の地サイダーが登場します。

スポンサードリンク

くっせーサイダーの正体『ドリアンサイダー』

http://www.tirakita.com
photo by tirakita.com

マツコさんは、フタを開けている最中から「くっせー」と絶叫しまくりです。ひと口飲んだだけで、渋〜い顔で、そっとフタを閉めていました。

世界一臭い果物「ドリアン」なので、サイダーの味はともかく、やはりにおいがダメだそうです。再現性が素晴らしいらしく、良いのか悪いのか。罰ゲームには最適なのかもしれませんね。

製造元:株式会社友桝飲料
住所:佐賀県小城市小城町岩蔵2575-3
価格:130円(税込)

マズい!『牛たんサイダー』

http://www.tirakita.com
photo by tirakita.com

「マズい」と思わず言ってしまいましたが、それも再現力の高さからです。

なんと牛タンを食べた後の口の中ということで、牛タンが食べたくなったらこのサイダーを飲めば食べた気になれますね。炭焼きの香りまで再現ということで、本気度が伝わる面白いサイダーです。

製造元:トレボン食品株式会社
住所:宮城県仙台市宮城野区小田原2丁目3番18号
価格:257円(税込)

厳選サイダー

100年以上の歴史がある『ダイヤレモン』

http://amazon.co.jp
photo by amazon.co.jp

1899年から昔ながらの製法を守っている、兵庫県西宮市の地サイダーです。

ラベルもお洒落で、パッと見は、サイダーに見えませんよね。ラベルに負けず、味は高級感があり、すっきりとしたライムのような香りでとても美味しいそうです。

100年以上も愛されているのは、シンプルな飲み物だからこそ。材料にこだわり続けた証しですね。

製造元:株式会社布引礦泉所
住所:兵庫県西宮市津門綾羽町8-15
価格:130円(税込)

バラの香りの『スパーリングローズ』

http://amazon.co.jp
photo by amazon.co.jp

国産のバラを使用し、無着色無香料のバラエキスのみを使用したサイダーです。

甘ったるくなく、ハーブティーのような美容飲料みたいとマツコさんは表現されました。女性が好みそうなサイダーで、女子会にはうってつけです。

製造元:有限会社奥出雲薔薇園
住所:島根県大田市長久町長久ロ411-14
価格:464円(税込)

ずんだサイダー

http://amazon.co.jp
photo by amazon.co.jp

枝豆パウダー配合で、ずんだの香りがするサイダーです。

ずんだが好きなマツコさんですが、再現力の高さにびっくりして、ちょっと思っていたのと違ったようです。リアルな味とのことで、気になりますね。

製造元:トレボン食品株式会社
住所:宮城県仙台市宮城野区小田原2丁目3番18号
価格:257円(税込)

かすていらサイダー

http://amazon.co.jp
photo by amazon.co.jp

長崎名物のカステラをサイダー化したものです。

アイスクリームのような味わいだそうで、マツコさんはとても美味しいと絶賛されていました。カステラの懐かしい甘い感じがよく表現されているそうで、個人的にも飲みたいサイダーです。

マツコさんは牛タンサイダーの後に、かすていらサイダーを飲んだので、感動的においしいと繰り返していました。

製造元:田浦商店
住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙320
価格:2本入り 540円(税込)

富山ブラックサイダー

http://amazon.co.jp
photo by amazon.co.jp

10月26日生まれのマツコさんのラッキー地サイダーとして紹介されました。

富山ブラックラーメンにインスパイアされたサイダーで、醤油の香りでコーラとジンジャーエールの中間のような感じだそうです。胡椒の香りもあり、一部の人は病みつきになるそうです。このぐらいなら、チャレンジ出来そうですね。

製造元:株式会社トンボ飲料
住所:富山県富山市下赤江町1丁目6番34号
価格:195円(税込)

スポンサードリンク

幻の『マルゴサイダー』

1930年創業の歴史のある会社が作っている懐かしいサイダーです。

現地のみ限定販売しているサイダーで、お味はマツコさんも大絶賛。水を飲んでいるようなスッキリとした味わいで、人工甘味料を使用していないため後口が良いそうです。サイダーは水が命なんですね。観光がてら、ぜひ行ってみたい場所です。

製造元:後藤飲料水工業所
住所:広島県尾道市向島町755-2
価格:150円(税込)

ちょい足しレシピ

マルゴサイダーを使ったおススメレシピを教えていただきました。
グリコの「アイスの実」というフルーツ味の丸いシャーベットをグラスに入れて、マルゴサイダーを注ぐだけです。

見た目にも涼しげで、美味しそうです。マルゴサイダーは、現地に行かないと手に入らないので、甘さ控えめのサイダーでも大丈夫だそうです。マツコさんは、あっという間に完食していましたので、本当に美味しかったのだと思います。

早速、アイスの実とサイダーを買いにいかなきゃですね。

あちこちのshopでも、地サイダーが売っていますよね。既に話題になっているものもありましたが、ぜひお試しください。