おいしいトムヤムクンヌードル
photo by gnavi.co.jp

韓国ブームの勢いが衰え、現在大ブームとなっているのが東南アジアです。そんな中でも日本人の口にも合うタイフードは大人気!特にトムヤムクン人気は凄く、各社からトムヤムクンにラーメンを加えたトムヤムクンヌードルが続々と発売されています。どれが一番美味しいのか今回は各社の特徴など詳しくご紹介しましょう。

スポンサードリンク

市民権を得たトムヤムクンヌードル

ひと昔前までは知名度の低かったトムヤムクンですが、最近の激辛ブームに加えパクチーブームで一気に人気料理となりました。その人気はカップラーメン業界までをも賑わし、トムヤムクンヌードルはその美味しさから人気上位のテイストとなったのです。

中でも一時は生産が追い付かない程人気が爆発し、販売中止となってしまったのが日清のトムヤムクンヌードル。カップラーメンの先駆けともいえる日清では定番の醤油、カレー、シーフードなど様々な種類のカップヌードルがありますが、トムヤムクンヌードルがここまで人気になるのは誰も予想できなかったようです。

しかしいくら人気と言っても独特の辛さや風味が受け入れられない。という人もいるので、やはり「うまい」「まずい」の賛否両論はあるようです。それでもやっぱり食べてみたい!というあなたのためにトムヤムクンヌードルについてとことん掘り下げていきましょう。

うまい派の一番は?

トムヤムクンヌードル大好きという人から圧倒的に支持をえているのがやっぱり日清の「カップヌードル トムヤムクンヌードル」です。人気の理由は何といっても本場タイの味を忠実に再現しているということでしょう。日清の現地法人と協力し現地の生の声を聴き開発されています。

魚介の美味しい出汁とココナッツミルクの風味が相性抜群の濃厚なスープを、更に本場の味に仕上げているのが後入れのトムヤムペーストです。これを入れることで爽やかなハーブの風味も加わり一層美味しくなるのです。どちらかと言うと酸味が強い商品なので酸味を求める人にはおすすめですよ。

日清トムヤムクンヌードルHP

日清 カップヌードル トムヤムクンヌードル2
photo by excite.co.jp

その他各メーカーの特徴

日清以外にもトムヤムクンヌードルを販売している会社は多くあります。それぞれに違いや特徴があるので詳しくご紹介しましょう。

明星「トムヤムクンヌードル」

バンコクに本店がある人気レストラン「マンゴツリー」が監修したノンフライ麺が特徴の本格トムヤムクンヌードルです。チキンベースのスープにレモングラスやコリアンダー、魚醤などをあわせた味わい深いスープが特徴です。

こちらも後入れの「特製トムヤムペースト」があり、これを入れると酸味と辛さが更に引き立ち美味しさがアップします。明星「トムヤムクンヌードル」は、あっさりとしてまろやかな味が特徴です。

明星食品トムヤムクンヌードルHP

明星 トムヤムクンヌードル
photo by rocketnews24.com

エースコック「ティーヌン監修 元祖トムヤムラーメン」

辛さや酸味は少し苦手。というあなたにおすすめなのがエースコックです。パクチーが沢山入っているので香辛料の旨味が口いっぱいに広がります。

チキンと魚介のコクのあるスープにレモングラスなどのスパイスを効かせ、ココナッツミルクの甘みと唐辛子の辛みでバランスの取れたスープが特徴です。
エースコック株式会社HP

エースコック ティーヌン監修 元祖トムヤムラーメン
photo by thaich.net

業務スーパー「IMee トムヤムヌードル えび風味」

コスパ重視!というあなたにおすすめなのがこちらです。一袋なんと40円程度。この商品は本場タイから輸入しているものなので、辛さも本場レベル!

だけど辛さの中に爽やかなレモングラスの酸味があるので、バランスが取れて辛ウマな逸品です。ただ辛さが勝りエビの風味があまり分からないのでエビ風味よりもスパイシー感を求める人におすすめします。

IMee トムヤムヌードル えび風味
photo by aiailife.seesaa.net
スポンサードリンク

トムヤムクンヌードルを食べるには?

今回ご紹介したほとんどの商品は、スーパーやコンビニで手に入れることができます。
「IMee トムヤムヌードル えび風味」は普通のスーパーでは取り扱いが少ないので業務用スーパーや輸入雑貨店で探してみてください。

いかがでしたか?一口にトムヤムクンヌードルといっても、全然違うんです!またちょっとアレンジをして、生のパクチーを乗せてみるのもいいですよ。今回の記事を参考にぜひあなたに合ったトムヤムクンヌードルを見つけてみてくださいね。