お肉 ステーキ 柔らかくなる
photo by gnavi.co.jp

せっかくお肉を買っても硬くて食べにくい時ってありますよね。お肉を柔らかくする方法は色々ありますが、結構面倒だったり、硬いままだったり、失敗も多いですよね。

でも、今回ご紹介する味の素の「お肉やわらかの素」と大塚薬品工業の「肉用ミオラ」を使えば、びっくりするほど簡単にお肉が柔らかくなりますよ!どんな商品なのか?どちらが使いやすのか?詳しくご紹介しましょう。

スポンサードリンク

味の素「お肉やわらかの素」が売れている

あなたは「酢豚」の仕組みをご存知ですか?豚の角肉に野菜、甘酸っぱいタレとパイナップル。料理なのになんでパイナップル?!と疑問に思うかもしれませんが、ちゃんとした理屈があるのです。

それは「酵素の力」です。甘酸っぱいタレに含まれるお酢の力と、パイナップルに含まれている酵素に、硬い豚の角肉を柔らかくしてくれる作用があるのです。酵素はお肉を柔らかくする作用があり、それを応用したのが「お肉やわらかの素」なのです。

味の素「お肉やわらかの素」
photo by ajinomoto.co.jp

もちろん、酵素といってもパイナップルが入っているわけではなく、見た目は小麦粉のような白い粉です。その粉をお肉にまぶして数分置いておくだけで、簡単に柔らかくてジューシーなお肉になってしまうのです。

ヘルシーだけど硬くてパサつきがちな鶏胸肉にまぶせば、びっくりするほど柔らかくジューシーで食べやすくなりますよ!また、お肉の下処理として欠かせない塩コショウも「お肉やわらかの素」の中に含まれているので、ひと手間省けてとても便利ですよね。

便利な一方、塩味が強いという声もチラホラあるので、「お肉やわらかの素」をかける時は、間違えてお肉に塩コショウをかけないように気を付けてくださいね。

減塩中のあなたには塩味の含まれていない商品をご紹介しましょう。

前からあったやわらかの素

家庭向けに販売されている味の素の「お肉やわらかの素」に対して、大塚製薬工業「肉用ミオラ」はどちらかといえば業務用という感じの商品です。しかし、「お肉やわらかの素」よりも前から存在しており、知る人ぞ知る!そんな商品でした。

パパインの酵素パワーで赤身のお肉だけでなく、モツ類や魚類など、色んな食材をやわらかくすることができますよ。「お肉やわらかの素」では塩味が強いと感じる人には塩味の含まれていない「肉用ミオラ」がおすすめです。

塩味が含まれていない分、振りかけ後お肉が柔らかくなるまでの時間は多少長くなりますが、唐揚げなどの漬け込み肉などにも使用できるので便利ですよね。

大塚製薬工業 肉用ミオラ
photo by rakuten.co.jp/ohtsuka/3401
スポンサードリンク

どこで買える?

味の素「お肉やわらかの素」は全国のスーパーなどで販売されているので、お近くの販売店でぜひ探してみてください。

味の素株式会社
本社所在地:東京都中央区京橋1丁目15番1号
味の素「お肉やわらかの素」HP

もちろんオンラインショップでも購入することができるのでこちらもご覧ください。
味の素オンラインショップ

一方、肉用ミオラはスーパーなどではあまり見かけないのでネットで注文するのが良いでしょう。
楽天で安く手に入れられます。
大塚薬品工業 肉用ミオラ 500g

大塚薬品工業株式会社
本社所在地:東京都豊島区西池袋3-25-15
大塚製薬工業ミオラHP

いかがでしたか?硬いお肉も柔らかくしてしまう魔法の粉。これさえあればもう肉料理も怖くないですよね!あなたも早速使ってみてください。もっと早く知っとけば良かったと思うでしょう。