https://locari.jp
photo by locari.jp

高級食パン、デニッシュ食パンなど、食パンはシンプルだけに奥深いです。最近は、好きな厚さにカットしてくれたり、1枚から買えたりとパン屋さんのサービスも向上しています。
今回は、お取り寄せが可能なちょっと贅沢な食パンをピックアップしました。
ぜひ、お気に入りを見つけてください。

スポンサードリンク

食べるのもったいない「パンダ食パン」

http://www.andersen-net.jp
photo by andersen-net.jp

圧倒的にかわいいアンデルセンの「パンダ食パン」です。カットする前はただの食パンなので、パンダが現れると感動します。

こんなにもかわいい食パンだと、一日テンションが上がります。このパンダ食パンでサンドウィッチを作ると、かわいさ倍増です。

味はほんのり甘いので、見た目も味も子どもは大喜び間違いなしです。他にもパンセットなど盛りだくさんあるので、数人で分け合ってもいいですね。

店  名:アンデルセン
お問合せ:082-893-2454(月~土 10:00〜17:00 ※但し祝祭日をのぞく)
価  格:972円(税込)

食パン専門店の「XO食パン」

http://www.les3boules.com
photo by les3boules.com

最高級品といっても過言ではない、レトワブールの「XO食パン」。XOは、最高級を意味するエクストラオールド(eXtra Old)からとられたもので、XO醤などもそうですね。

名前に負けない食パンで、かなりの高級品なのに、一度食べるとリピーターになってしまいます。

こちらの食パンは、木曜日に焼き上げるので、届くのは金曜日(一部の地域は土曜日)と決まっています。週末のゆったりした朝に、XO食パンを食べるなんて、これ以上の贅沢はないかもしれません。

こだわり抜いた素材に、職人が手間ひまをかけた、極上の味わいです。

店  名:レトワブール
お問合せ:079-233-3935
価  格:6,500円(税込)

日本で初めての最高級パン専門店の「@shokupan(アット食パン)」

http://tabelog.com
photo by tabelog.com

recette(ルセット)の「@shokupan(アット食パン)」は、牛乳、卵、バターを使用していません。国産小麦、ミネラルウォーター、天然酵母、サトウキビ粗糖、伝統海塩と5つの素材だけで、小麦の持つ奥深い味わいや甘みを味わえます。

世界の富豪が取り寄せたというコピーに嘘偽りはありません。ごまかさない、本当の美味しさがウリの食パンです。

店  名:recette(ルセット)
お問合せ:03-3418-0067
価  格:1.5斤 2,376円(税込)

華やかなデニッシュパン「マーブルデニッシュ」

http://grandmarble.com
photo by grandmarble.com

「和」のイメージが強い京都は、実は全国1位のパン消費量を誇ります。(ちなみに2位は神戸です)

そんな京都の人に愛されるグランマーブルの「マーブルデニッシュ」は色味もキレイで、日持ちもするので(7日〜10日くらい)贈り物にも喜ばれます。

種類も豊富でイチオシの「京都三色」は、祇園辻利の抹茶とイチゴの3色で、味のバランスも良い一品です。限定商品もあり、1年中飽きることなく楽しめます。

店  名:グランマーブル
お問合せ:075-682-3900
価  格:京都三色 1,080円(税込)

スポンサードリンク

全ては猛暑が悪い? 食パンとバターとビール

食パンといえば、8月29日の「月曜から夜ふかし」で、猛暑が続く夏のマツコさんの恐ろしい食パン生活が明らかに。

なんと食パンが好きなマツコさんは、食パン1斤とチューブのバター1本に、ビールを飲むという食事をしているそうです。

猛暑の夏は、キッチンで火を使うのも億劫ですが、暑さがニガテなマツコさんは、お仕事以外は一切外出せず、テレビ局で出されるお弁当以外は、自炊も出前も外食もしないと断言。

なんとも豪快な食生活ですが、食パンのシンプルなところが良いのかもしれませんね。

いつものパン屋さんとはまた違った味わいのあるお取り寄せ食パン。高級品が多いのですが、それだけ素材にこだわったものです。

休日にたっぷりのカフェオレと一緒に食べると、日頃のストレスも吹き飛びますよ。少し贅沢気分で、食パンのお取り寄せをしてみてはいかがでしょうか。