http://www.northmall.jp
photo by northmall.jp

9月19日放送の「月曜から夜ふかし」で北海道根室の『トロさんま』が登場です。今が旬の脂がのった活きの良いトロサンマは、クチバシが黄色で、別格の美味しさです。

スポンサードリンク

トロさんまの刺身

http://item.rakuten.co.jp
photo by item.rakuten.co.jp

今日が初サンマのマツコさん。ひと口食べると、ハマチに近くサンマとは思えないくらいコクがあって、美味しいと絶賛。ビール片手に、次々に『トロさんま』のお刺身を口に運びます。

キラキラ輝く『トロさんま』は、七味しょうゆと昆布しょうゆの2種類のしょうゆで提供されました。脂がのっているので、特に七味しょうゆで食べると、辛みでスッキリするとマツコさんベタ褒めです。

関ジャニ∞の村上さんも初サンマで、口に入れると幸せそうな笑顔を浮かべて味わい、「おいしい」と思わずつぶやきます。

トロさんまの蒲焼

http://www.tsukudanikaido-shop.com
photo by tsukudanikaido-shop.com

ツヤツヤした『トロさんま』の蒲焼。甘いタレが絶妙で食欲をそそり、子どもでも食べやすいです。

「あ〜おいしい〜」とマツコさんお気に入りで、大きな蒲焼をひと口で頬張ります。

トロさんまは脂がのっているので、うなぎの蒲焼の代わりにもなり、丼やお茶漬けなど味わい方にバリエーションをつけれます。

うなぎに勝るとも劣らない『トロさんま』の蒲焼は、ぜひチャレンジしたいメニューです。

トロさんまの炊き込みご飯

http://www.e-tabemono.net/
photo by e-tabemono.net/

トロさんまの美味しさをご飯にとじ込めた逸品。手軽に食べられるので、大人から子どもまで大喜び間違いなしです。

サンマから甘みが出て、やさしい味わいで美味しいと、村上さんお気に入りです。

マツコさんも「ホント、おいしいわ〜」と言いながら、口いっぱいに頬張るので、『トロさんま』を提供した滝澤さんご夫妻も、嬉しそうに目を細めていました。

家で作る場合は『トロさんま』の缶詰が売っていますので、それを利用すると手軽に作れて楽しむことができます。

お米3合、缶詰1缶、千切り生姜、しょうゆ、お酒が材料になりますが、缶詰に味が付いているので、いつもの炊き込み御飯より、しょうゆの量を減らすのがコツです。

トロさんまの塩焼き

http://www.excite.co.jp
photo by excite.co.jp

『サンマ』と聞くとすぐに頭に浮かぶ塩焼き。塩は、焼く15分前に振るのが一番美味しくなります。

今回スタジオに出ませんでしたが、やはり『トロさんま』を味わうには、塩焼きは外せません。たっぷりの大根おろしを添えるのがお約束ですね。

ほどよく脂が落ちて、ホクホクした身を口に入れると、いつものサンマとの違いに気付きます。

これぞ秋を告げる代表的なメニューです。

スポンサードリンク

トロさんまとは?

北海道根室沖は、親潮と黒潮の合流地点となっていることから、サンマの好漁場と言われていて、サンマの水揚げ量が「6年連続日本一」となっています。

北海道根室市花咲港では「棒受け網漁」と言って、ライトを使い、光に集まるサンマの習性を利用した漁を行ないます。

サンマは、親潮海域で脂肪分の多い良質なプランクトンをたくさん食べて、夏から秋にかけて北から南下します。

根室に来る頃には丸々と太り、マグロのトロにも匹敵すると言われるほど脂肪分を蓄え、最も脂がのった状態です。

これが『トロさんま』と言われ、9月〜10月にかけてドンドン脂がのってきます。新鮮な『トロさんま』はギュッと身がしまっていて、立てて持っても曲がることなくピンと立ち、格別の美味しさです。

いかがでしょうか。見ているだけでよだれが出そうな『トロさんま』。今年は台風の影響で漁獲量が少なく、価格が高騰していますが、根室から取り寄せてでも食べたい食材ですね。